HOME » ブラック?ホワイト?賛否両論ある企業の見分け方

ブラック?ホワイト?賛否両論ある企業の見分け方

ホワイト企業とブラック企業の見分け方を指南【建設業界編】

就職や転職はやっぱり人生の一大転機。せっかく苦労して入社したのに、「こんなはずじゃなかった…」という失敗は避けたいものですね。

最近ではブラック企業やホワイト企業といった言葉を耳にする機会も増えましたが、特に建設業界や建築業界にはブラック企業も多いと言われています。もしこれらの業界への就職・転職を志望しているなら、慎重に会社選びをしたい気持ちもよくわかります。

企業に出向いて、それこそお試し期間みたいなものがあって、実際に自分の目で確かめられれば良いのですが、それは現実問題として不可能です。そんな時に参考にできるのが「転職会議」などの、実際にその企業で働いている人たちの生の口コミ情報が掲載されているサイトではないでしょうか。

とはいえ、とても便利なサイトではありますが、掲載されている口コミ情報をすべて鵜呑みにしてしまうのは危険です。本当に信頼できる口コミかどうかは、自分で判断しなければいけません。辞めていった社員が憂さ晴らしに悪評を書きたてることもよくあるそうです。口コミが掲載されているサイト自体の信憑性をチェックすることも大事です。

働きやすい建設・建築会社の選び方

またここでは、働きやすい建築会社とはどういう会社であり、どういう職場なのか、会社選びの基準というものを探ってみましたので、ぜひ参考になさってください。

そもそもブラック企業とはどういった会社なのか?マスコミでの情報が一人歩きしている感があって、正確な情報が伝わっていないようにも思われます。ここで今一度整理してみて、ブラック企業の実態とはどういうものか、正確に理解しておきましょう。

闇雲に自分の希望する条件や労働環境が整っていないからといって、ブラック企業というレッテルを貼ってしまうのは、企業にとっても求職者にとっても不幸だと思います。その点からも口コミサイトの評価を全て信用してしまうことのないように、正しい判断力を身につけておきましょう。
 

※このサイトは、個人が2016年8月に調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各会社の公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP