HOME » 建設業界に就職するときに知っておくべきこと » 建設業界の仕事内容

建設業界の仕事内容

職種別にみる建設業界の仕事内容紹介

建設業界の仕事内容は、端的に言えばモノを作り出すことです。そこには様々な立場の職種の人が携わっています。それぞれの代表的な職種を説明することで、建設業界特有の独特な仕事内容が見えてくることでしょう。

建築・建設業界には、技術的なこともあり資格や免許が必要とされる職種もありますが、必ずしもそれらが必要とされるものばかりではありません。資格や免許がなくても、顧客とのコミュニケーション力が要求される職種や新商品の開発業務、マネジメント系の部門など、重要な役割を担っている人がいます。

では早速、建設業界における職種別の仕事内容をみていきましょう。

営業

施主との窓口になる担当者で、事業全体を統括するプロデューサー的な存在です。施主からのヒアリングやそれに基づく提案、アドバイスをはじめ、社内の関係者、協力企業と連携して仕事をまとめていきます。ビルや商業施設、一般住宅、マンション、土木、橋梁など、扱う物件は会社の規模や専門性によって異なりますが、物件の大小を問わず、仕事のスケール感は他の業界では味わえない大きさがあります。

建設業界の営業職への転職では、前職の経験や建築・土木の知識を問わない企業も多く見受けられます。

設計

施主の要望を図面に落としこんでいきます。建築・建設の土台となる設計図を作成。設計自体には意匠設計、構造設計、設備設計とそれぞれの分野に分かれています。場合によっては設計した図面をクライアントによりわかりやすく提案するために、模型制作なども行なうこともあります。設計職に就くには、建築士の資格が必要となります。

施工管理

現場において、建設工事のスケジュールや施工計画、工程・品質の管理を行ないます。また必要な安全対策を講じたり、コストなどを計画に沿って管理していく仕事になります。

設備管理

エレベーターや空調、電気などの設備面を担当します。適切な配置場所を考えたり、設計書や計画通りに工事が進んでいるかをチェックしていきます。この職種に就くためには電気工事管理士や管工事施工管理技士などの資格が必要です。

研究開発

大手ゼネコンやハウスメーカーに限られますが、自社で新しい工法や資材の研究開発、耐震性などを研究する部門です。

最後にひと言。建設業界はいつの時代にも必要とされる業種ですが、慢性的な人材不足という課題を抱えている業界でもあります。これは求職者サイドから考えてみれば、活躍できるフィールドが広がっていることを意味しています。就職・転職が成功するよう、頑張ってください。

※このサイトは、個人が2016年8月に調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各会社の公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP