HOME » 建設業界に就職するときに知っておくべきこと

建設業界に就職するときに知っておくべきこと

建築・建設業界への就職を成功に導くポイント

建築・建設業界とひと口にくくっていますが、業態としてはおおまかに言って、総合建設業者であるゼネコンのような大企業から、屋根や電気工事を専門に行なう中小企業まで、約28種類ほどの業種に分類できます。

工事の内容によって業種が細分化されているのが特徴ですが、ここでは、ゼネコンやハウスメーカー、工務店に絞って話を進めていきたいと思います。

建築や建設関係の仕事というと肉体労働的な仕事を思い浮かべる方も多いようですが、施主との窓口となり工事全般を取り仕切るプロデューサーのような存在の営業であったり、施工計画や安全管理といった工事の総合的なマネジメントを担当する施工管理者だったりと、実質は肉体労働を伴わない職種が多くあります。

どの職種に就いたとしても建築・建設業界で働くならば、総じてモノづくりに携わる仕事になります。転職においては、前職での実績や知識を活かして、新たな職場でどのような活躍ができるのかを見定められます。建築・建設業界の勤務経験がある人は、未経験者と比べた場合、優遇される点は多いでしょう。しかし、建築・建設業界での経験を問わない会社もありますので、求人内容をしっかりチェックする必要があります。

どんな仕事でも必要なことではありますが、建築・建設業界で仕事をしていくには、特にチームワークが求められます。ですから個人プレーが得意というよりも、協調性や折衝能力、指導力といった人間性を有する人材が総じて重視されるように思われます。

いずれにしても、求職先の企業がどういった人材を求めているのかを、まずはしっかりと見極めてみてください。その上で事前に面接対策準備などを練ってみてはいかがでしょうか。

ここでは建築・建設業界の仕事内容を解説したり、面接時の言葉づかいや身だしなみなどの注意点、一歩差がつく面接時の質問内容まで踏み込んでまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

※このサイトは、個人が2016年8月に調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各会社の公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP